スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HGUCシュツルムガルス レビュー


さて今日はゼータプラスと同時に発売された、ネェルアーガマ上の戦闘で印象的な
「HGUCシュツルムガルス」のレビューをします!
正直割高感が否めないキットでありました

素立ち
カッコ悪っ
色分けは概ねされていますが目立つつま先がシールです

サイドから
フレームの露出が多い機体です

後ろ姿
結構合わせ目は出てしまいます

各部アップも見て行きましょう
頭から
ここも非常にカッコ悪い!
多分潰れてて横に広いのがいけないんです
リペアードといいバンダイさんは頭をないがしろにし過ぎ!


エングレービングがある場所は真っ平ら
ここは残念
しかも箱っぽくて非常にダサい


シリンダー回りとかいい感じですが
全体的に厚ぼったいですね
肩のフレームのコレジャナイ感が凄いです


股間がヤバイですwどうなってんの?コレw
アーマー系も含めて横に長いのかな?
あと下に出過ぎ


太ももの短さとぶった切れ感が半端無いです
脛はフレーム露出
初期の第2世代MSぽいですね
百式とかMk-Ⅱとか.....

足裏には肉抜き穴など無し!

付属品
スパイクシールドとリード線、アンカー等です
ハンドパーツは穴あき握り手左右だけ

ホイルシール
数は多め
つま先の赤やチェーンマインのオレンジとかです
胸のエングレービングはシールで再現....

しかもそのエングレービングの造形がひどおです
袖もですが胸に至っては造形すらされてません
出来ないんだったらやめちまえ!

可動範囲チェック
頭から生えてる動力パイプのせいで全然触れないし、上にも向けません
ユニコーン系では珍しくポリキャップの首です

モノアイは可動するのがグッド!ですな
ザク系の機体以外は手を抜くものかと思ってました

肩のポリキャップは引き出し式
肘は90度ちょっと


腰はL字ジョイントで接続されてるので結構動きます

脚はアーマー類が短いのでよく動きます
フロントアーマーは可動式ですが左右で繋がってます

開脚はここまで
肩も標準まではあがります


まぁカタパルトに着地するぐらいには動きます

つま先もちょっと可動


フル装備
と言っても手には持たない状態


シールドはザク系のスパイクシールドとギラ系のL字シールドの複合系みたいの
肩に装備します

戦闘状態では手に持ちます
ここの組換えが地味に面倒です

アニメでは最初から手に装備してましたね

手に持って殴る!
肩アーマーが降りてきて手に装備してファインティングポーズと言えばガンダムマックスターですな
Gガンなら許されるけどこいつはどうやって肩の武器を手に取るんだ?

手ぶらで戦う
装備しても左右対称になる武器というのはなかなか特別感あります

飛び道具などいらぬ!
ドーベンウルフの時といい、箱型の胴体を作るのは苦手なんですね、バンダイさんは
僕としては改造の楽しみが増えます

アンカーも飛び出します
リード線接続ですが浮かしても問題ない感じ
でも収納状態の丸いパーツは取り外しにくいこと にくいこと

チェーンマインに手を出す

大量に取り付けるのでリード線には全く保持力無し
しかしマイン自体もクルクル回るしずれやすい、ケンプファーはもっとしっかりしてた気が

アンカーで第4カタパルトに取り次ぐ

こっちのリード線も抜けやすいです

ネェルアーガマ上でのボクシング
先ずはギラズール登場
多分装備変えでプレバン発売かな

ジェガンも来る!
母艦側でビームライフルは使えないから捨ててビームサーベル

殴り倒してく
こんな戦い方はナンセンスだ!

ズサは手入れるのもうちょっと待ってればよかったかな
まぁもう1個積んでるんですが

チェーンマインで破壊
しかし、キットではグリップと爆弾が近過ぎてダメージ受けそう

本当の素手で終わり
こいつ自体はかっちょ悪いですがJ.Kのバリエーション展開に期待したいです
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
相互リンク
当ブログはリンクフリーです
Amazonおすすめ商品
6月発売ガンプラ
5月発売ガンプラ
4月発売ガンプラ
3月発売ガンプラ
2月発売ガンプラ
1月発売ガンプラ
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。